ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

今年の墓碑銘

 この日誌で特に触れなかったが、今年、ベ平連の鶴見俊輔、「復習するは我にあり」の佐木隆三、焼跡闇市派の野坂昭如が逝った。リベラルな論客たちが次々と去っていく。
 鶴見は後藤新平の孫、鶴見祐輔の子。血筋はサラブレット。大衆文化の知識は広汎で、インテリがよくそこまで知っていると驚くくらい。ただ、彼の日本精神史の分析は感心する指摘が多い反面、どこか物足りないところもあったというのが私の大ざっぱな印象である。ベ平連の頃のことは年齢的に詳しく知らない。
 佐木は、子供の頃、広島で原爆雲を見、「新日本文学」を発表の場にした労働者作家という位置からスタート。「復習するは~」は手法が独創的で、当時、感心した覚えがある。法廷傍聴などをしながら犯罪ルポ小説を多く書いたが、あれだけ筆の力がある人である。もっと幅広い分野も扱えたのではないかという気もする。
 野坂はマルチに活躍して、抜群の知名度の人。彼の持ち歌「黒の舟歌」は、私のカラオケの定番(何十年と行っていないけど)。病で倒れて以降、マスコミには出なくなったが、私信のような形で文章を発表し続けた。理論的な人ではないように思うが、彼の生い立ちと戦後体験から来るブレのなさは信頼に足る。
 他に、詩人の長田弘 写真家の大竹省二、マイルスの元にいたこともある菊地雅章、何度も舞台を観た加藤武、サントリーの広告や山口瞳の挿絵が印象的な柳原良平、キリスト教作家に造詣の深く著書をよく参考にした近代文学研究者の佐藤泰正などが私の知っている人。

 こうして、死んだ人の分、新しく世に出てきた人をどんどん覚えているのかと言われれば、全然そうではないので、結局、どんどん世の中のことが判らなくなる。
 今年の日誌はこれで終わり。よいお年を。
[PR]
トラックバックURL : http://hiyorigeta.exblog.jp/tb/25116905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan2 at 2015-12-31 07:47
おはようございます
今年も楽しまさせてくれてありがとうございます
来年も楽しまさせて下さい よいお年お迎え下さいね
Commented by hiyorigeta at 2015-12-31 11:33
いつも年末年始にご挨拶いだたき、ありがとうございます。2年前から字ばかりのブログとなっていますが、よろしくおつきあいほどお願いします。よいお年を。
Commented by renchiyan3 at 2016-01-01 09:59
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します ブログ引っ越したので
ハンドネームrenchiyan2からrenchiyan3に変わりました
Commented by hiyorigeta at 2016-01-01 15:04
了解しました。お気に入りにいれました。
by hiyorigeta | 2015-12-28 21:09 | 日々の生活 | Trackback | Comments(4)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30