ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

さすがの大学


 今年は大阪大学の問題演習を担当したので、大阪から帰ってきた生徒が問題を見せてくれました。本文にラインを引いてある苦闘の跡が生々しいもの。
 「現代文」問題の大問二は、吉見俊哉『「文系学部廃止』の衝撃」(集英社新書)が出題されていた。国立大の文型はコミュニケーション系以外の学部を縮小し、それらは私学が担当すればよいという見解を先年発表し、衝撃が走ったが、それに対する分析の文章である。もともと新書ということで、気軽に読めることを想定していて、平易な文章の部類である。
 受験生はもちろん文型の子たちで、これを読み、説明問題の答えを書く。まるで文型は益がないかのように思われているが、そうではないというということを説明している。
 それにしても 、この文章を受験の文章として出すことに大阪大学の矜持を見る思いがした。受験の文章に出すことで、大学自体が文科省に面と向かって「オカシイやろ!」と反論しているのである。
 いやあ、なかなかの「漢」だなあ。この大学を、いまさらながら惚れなおし(?)ました。

 このことを話していると、司書の先生が、この本はちゃんと図書室に入れてありますという。時事話題として、この問題についても本を入れておいたほうがいいと判断していれましたとのこと。さすがにご商売である。
 ということで、早速、この新書を借りていった生徒がいて、今は貸し出し中。目を通してみたいと思ったが果たせないでいる。

[PR]
トラックバックURL : http://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26608207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2017-02-27 23:39 | 教育・世相 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com