今日という日

  ある施設に行ったところ、壁に「月行事予定表」の黒板が。
 人も常駐していないようで、特に行事もないらしく、ほとんどなにも書いてなかったが、三つだけあった。

6日 広島 原爆の日 
9日 長崎原爆の日 
15日 終戦記念日

 八月といば、これにお盆。確かに、それが昔はベーシックなこの月の感覚だったのに、最近、これらが書かれてある予定表なんで見たことがない。ちょっとハッとさせられた。もちろん、職場の黒板にも書いてない。
 最低、15日だけでも書いてあってもいいし、実際、昔は書いてあったことが多かった。自分の手帳を開いてみても、15日には「大安」とあるだけ。
 太平洋戦争が8月15日に終わったということ自体、知らない人が増えてきているという話は何度も書いた。もう、「歴史」の世界。1945年敗戦という西暦だけ覚えれば一応恥をかかない。「1603年、家康江戸幕府を開く」とさえ知っていればよくて、何月何日なのかなんて、まあ、日常生活上、知らなくていいというのと同じ感覚である。(ちなみに、今年は江戸幕府開府414年目)

 今日はそのヒロシマの日。こっちは72年目。「夏の花」や「この子たちの夏」などを思い出し、亡くなった私の上の世代の身内の人たちを思い出し、朝、中継を見ながら黙祷。
 もう四分の三世紀前。改めてこの数字を眺め、過ぎ去った月日の長さを思う。七十代前半のおばあちゃんでも年上の人から聴いた話レベル。我々世代は、大人になって、この1945年が意外に近い過去だったことに驚き、改めて考えなおした世代。我々世代でも、特に意識していない人も多かろう。黒板にこの三つの項目を書くこと自体、政治的意図があるのではとか、何か違和感を感じる人のほうが圧倒的に多くなってきているのかもしれない。
[PR]
トラックバックURL : http://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26870817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2017-08-06 20:37 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30