ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

2015年 04月 30日 ( 1 )

出金にオロオロ

 過ごしやすい、一年でもっともすごしやすい季節。今の花は八重桜である。
 職場には「兼六園菊桜」が数本植わっている。兼六園菊桜といえば、私達が子供の頃、本家本元の兼六園のものは、枯れかかって幹だけになっている貧相な桜の前に「天然記念物」の立て札がかかっていた。
 現在のものは二代目。京都の桜守が接ぎ穂で復活させて、兼六園に返したという。残念ながらもう天然記念物ではない。
 この花、花弁が二百枚以上になる珍しい八重桜だが、職場のものは、葉のほうに勢いがあり、普通の八重桜よりも、見た目、地味な印象である。
 街路樹のハナミズキも白い花を咲かせ始めた。

さて、年度当初、新規に仕事関係の普通預金通帳を作ろうとしたが、その団体が実際に存在しているかどうかの確認など、昔にくらべ発行まで時間と手間がかかった。
 銀行のほうも、お年寄り特有で、モタモタする私に、どこどなく面倒臭げな様子が見られたのだが、それなりの額を入金することが判って後は、微妙に話し方が丁寧になって、内心、少々笑った。ゲンキンなものである。
 今日は、初の出金。通帳の表書き通りに団体名だけを書いたが、どうもダメらしい。私の名前がいるという。そこで名前を追加記入したら、今度は、名前の前に「代表」という言葉がいりますという。「そんなの先に言ってよ」と思ったが、もちろん言われたとおりにした。
 この一件、通帳の額面通りに書いてはダメというところに違和感があった。確かにハンコは個人名なので、代表名を書かないと成立しないというのは 、あとから考えたら判ったが、普通、そのまま書いてはいけないなんて考えない。 ひとつひとつは細かいことである。でも、そういう風にしなければならないという「不文」の決まりごとなど、いちいち覚えきれるものではない。あれはこういうやり方で、これはこういうやり方で、というようなことが積み重なると、結局、忘れて、よく判らなくなって、年寄りは、大丈夫だろうかと不安だけが増大する。そして、またモタモタするのではないかと引っ込み思案になる。
 私は、そこで、鉛筆で通帳の表に必要事項を書き加えた。(もちろん、防犯上はしないほうがよいのを承知の上である)
 やれ、プライバシー保護とか公正性の確保とかの大義名分で、小さなハードルの高さが、今の世には多くなっているような気がして、少々気にかかる。
[PR]
by hiyorigeta | 2015-04-30 19:42 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30