ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

2015年 05月 18日 ( 1 )

久しぶりの生け花展

 日曜日の午後、チケットを入手したので、他に見たいところもあり、武蔵が辻のデパート催事場で開催の六流派合同生け花展を観に出掛けた。正式には「第二十六回いしかわ四季の花協会展」。
 短い会期の、後期入れ替え後の二日目。生ものだけに入れ替えがあるので大変である。流派別に見ていく順路。流派の説明があり、作品が並ぶので、特色が判って素人にも勉強になる。使っている花の名もすべて書き出したプレートもつくので、愚妻と、どれがどの花なのか確認するのも楽しい。生け花界では有名な花のようだし、実際に生け花でよく見るが、なんという名前がしらないというものが結構あった。生け花っていうのは、敷居は低そうだけど、センス問われるので、実に難しそうだ。確かにこの枝は無理矢理でも曲げた方がアーティステッックだな、でもその発想に行き着くまでに結構な訓練が必要そうだなというのが素朴な感想。久しぶりに生け花展を観たのでえらく新鮮で面白かった。
 今や 超有名な近江町市場の向かいのデパートの一角が観光客用の土産コーナー「黒門小路」になったと聞いていて、そこも見学。薄暗くしてシックな印象の売り場。センスは抜群にいいが、市場口からの入り口があまり開放的でなく、市場の庶民性と、こちらの高級感が少々ミスマッチ。吉と出るか凶と出るか。
 
[PR]
by hiyorigeta | 2015-05-18 18:36 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com