<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

佐古純一郎先生ご逝去

 大学時代の友人からの電話で、佐古先生の逝去を知った。5月6日死去。家族葬だったため、6月5日配信の記事で公となったようだ。九十歳はとうに越えておられるはずと、ネットで記事を捜したら、「老衰のため東京都西東京市の施設で死去、95歳。」とあった。
 昭和三十年代に「文学はこれでいいのか」という新聞に発表した短文が話題になって世に出た。文芸評論家で牧師でもあり、大学教授でもあるという多彩な活動をした方。若い頃、出版社に勤め、小林秀雄と知遇を得た。その小林に力一杯怒られた話は有名である。戦争では、主義主張から一兵卒として徴兵される道を選び、理不尽な上司の命令に耐えながら、甲板掃除をしていたという話は直接伺った。
 恩師が次々と亡くなられている。先日、大学から入学案内の冊子が送られてきたので、教員一覧を見ると、見知った先生は当時若手だったお三方のみ。あの時、若造といっていい歳の先生は、今や白髭を生やした学者然とした風貌になられていた。ずっと在籍されていた近代文学が専門の当時中堅の先生は、今年3月に定年を迎え、挨拶の文が大学の会報に載っていたので、もうこのパンフに名はない。
その友人にその話をしたところ、彼女のもとにも、その冊子は毎年送られてくるのだという。私のほうは、いい生徒がいないかという学生募集の意味でだが、彼女のところには、よく本学卒業生を採用くださっております。また宜しくご採用下さいというニュアンスらしい。へえ、お互い、入り口と出口だよねえと、ちょっと二人して面白がった。
佐古先生には、当時、一般教養で「人間学」を、それと専門のゼミでお習いした。彼の主要著作を数冊合本した「人間の探求」(審美社)というのが前者のテキスト。この本は判りやすい説明で、彼のキリスト教的倫理観がよく判った。次に同装丁の「文学の探求」(同)で、太宰や芥川の倫理的視点からの一貫した分析を読み、勢いで新書で再発売されていた処女作「純粋の探求」をはじめ、当時出版されていた著作のほとんど読んだ。神保町が近かったので、とうの昔に絶版の新書版の彼の著作集を探し出して、欠本の一冊をかなり長い時間をかけて見つけ出した覚えもある。彼の主宰していた学術雑誌に一本論文を載せてもらったのもいい思い出。先生はたくさんの弟子筋がおり、私達は単なるゼミ員だったが、卒業式後、山の上ホテルの喫茶室に我々を連れて行ってくれ、歓談した様子は私の写真アルバムに残っている。それが直接お会いした最後。
 小柄でもしゃもしゃ白髪。話の途中でも時に沈思黙考し、考えながら言葉を選ぶ風のお話ぶりで、学者然とした風貌であった。学生生活を終え、故郷で仕事についてからも、時々、NHKの宗教の時間などで、お元気な姿が見られて懐かしかったことも覚えている。
 まだまだ思い出そうとすると出てくるはずだが、長くなる。今回はこのくらいにしたい。
 若い頃、本当に影響を受けました。ありがとうございました。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-20 19:47 | 文学・ことば | Trackback | Comments(0)

「ハムレット」を観る

劇団東演公演。翻案・演出・美術V.ベリャーコヴィッチ、翻訳:外塚由利子・佐藤史郎。現代的で斬新な演出の古典劇「ハムレット」。集団演舞的な要素も取り入れ、二十人もの役者が演舞する様は迫力有り。音楽も映画「ターミネーター」のような畳みかけるリズミックなもので、劇の不安な気分を煽るに充分な効果をあげていた。衣装も秀逸。向こうの人のデザイン。
 新しい解釈というので、原作のプロットからして変えるのかと思ったら、存外、原作に忠実で、大事な部分はしっかり説明されていた。おそらく、この話を始めて観る日本人も混乱なく理解できたはずである。そのあたりはうまく纏めていて感心した。畳みかけるように進行し、クレッシェンド的に高まってドラマは血に塗られたクライマックスを迎える。
 本当に素晴らしかったのだが、外人が二人交じり、この二人だけロシア語をまくし立て、受け答えが日本語という演出がなされていたが、これだけはいただけないかった。こういう演出はこれまでも何度か観ていて、斬新さを感じる場合もあったが、今回は、会話の内容がとれず、しばらく意味不明の置き去り感を観客は味わうことになった。
ここのところ、シェークスピアとはご無沙汰だったので、古典劇もよいなと再確認。例の「尼寺へ行け」なんて台詞が急に出てきて、ああ、これ、ハムレットだったなんていう忘れていた発見があったり、小川に流されるオフェーリアの狂死を語る部分では、例のラファエル前派ミレイの絵画が急に目に浮かんだりして、さすが古典劇、後世の影響も踏まえ、この劇が楽しめる。
 確か漱石の「草枕」に彼女の名はよく出てきたはずだと、読み直してみると、ミレイのこの絵の話が出ていた。今、ラファエル前派が日本で流行中。だから、あの絵をまじまじと画集で観たばかりだったので、大昔イメージできていなかったこうした記述部分が、今回、実によくわかったなんていう余録もついた。大昔、中学生時代に読んだ時は、あんまり面白くない小説だなあと思ったことを覚えている。ちょっと「草枕」は、中学生には無理だったようだ。
 今、思い出したが、大学時代に再読した時は、当時のホトトギス派の写生論や英文学や英国美術など、こちらにもっと教養があれば、もっと楽しめる小説なんだろうなあと感じたこともあった。久しぶりの「草枕」だった。
 脱線した。ひさしぶりにぐいぐいくる迫力のある芝居だった。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-18 20:43 | 観劇・映画 | Trackback | Comments(0)

新幹線見学会「はずれ」から考える

特に鉄道ファンという訳でもないのだけれど、去年、工事中の新幹線金沢駅と線路を歩く見学会に参加したので、今回、新幹線白山車両所の会があるというので、葉書で応募したところ、はずれたという案内が来た。
 500人限定ということで、ちょっと難しいかもしれないと思ってはいたが、その文面をみて驚いた。一万五千人もの応募があったのだという。倍率は三十倍。人口四十三万人の都市のイベント応募で、この数字は群を抜く。
 亡くなった友人の墓参りの女子会を毎年している大学時代の友達から久しぶりの電話。何度メールをしたけれど、返事がないから電話したとこと。現在、自宅は不通状態でご迷惑中。今年も行くので連絡してくれていたらしい。今度は金沢へ遊びにきて下さいというお誘いをしたら、ちゃんと北陸新幹線来春金沢開業と知っていた。首都圏の人も結構知っている話題のようだ。
 新幹線開通は地元では本当にビッグ話題である。篠山紀信展も「北陸新幹線開業記念プレ事業」と銘打たれていた。プレ事業とはまた結構強引なと思ったら、ご当地高岡市に新幹線の駅が設置されるというのであった。
 小さな地方都市に新駅。それは確かに 大ニュースである。長期的に考えると、金沢駅しかない石川県より、経済効果は大きいのに間違いない。
 金沢だけで保っている石川。小さいけれど、個性のある都市をいくつも持っている富山。県としての伸びや元気さは富山のほうが、いずれ勝っていくように思われてしかたない。
そんな思いで、先日、観劇の会に行って公演スケジュールを見たら、石川県が2公演しかないのにくらべ、富山は、富山市・高岡市・魚津市・砺波市など八公演を維持していて、中規模都市が文化を維持していることがわかる。
 他人の芝生ならいいのだけれど。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-17 18:36 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

鮎を堪能する

 ミュゼふくおか写真館に行く前、せっかく県を越えるのだから、鮎の季節故、庄川峡で鮎をいただこうと、ちょっと奮発して、河畔の専門店で鮎尽くしに舌鼓を打った。開店早々に行ったが、もうだいぶ混んでいる。
 メインの料理は、小ぶりの鮎の焼き物五匹。刺身やてんぷらなど合計すると、それなりの数を食べたことになる。焼きがちょうどよい加減、しっかり火は入っているが、中はやわらかでクリーミーな感じで、さすがであった。
 一度にこんな数の鮎を食べたことないので、堪能したが、ランチにしてはお高くて、ほいほいとは行けないのが難点。よく金沢で宣伝しているので、駐車場には金沢ナンバーが目立った。
 庄川の水公園も散策。二十年ほど前に友人とドライブで来て以来。ところが、記憶している風景には出会えなくて、逆に、はじめてのように見え、新鮮といえば新鮮だが、正直ちょっと戸惑った。家が建って、風景が変わったせいもある。ラウンド状になった広場のテナントは歯抜け状態になっていた。
 ゆっくり河畔を散策したりダムを見学したり。地元中学生の美術部の子供たちが合同写生会をしていいて、子供たちがうじゃうじゃ。
 外の空気をひさしぶりにたっぷり吸った。
c0098228_14363447.jpg

[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-16 22:14 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

篠山紀信写真展を観る

 どんどん休みが仕事でつまる業界のこの仕事。
 夫婦で空いた日曜日。暑いが、まだ我慢できる今のうちに動いておこうと、昨日開幕したばかりの「篠山紀信展 写真力」をミュゼふくおか写真館で観る。
 一九七〇年代後半雑誌「GORO」の「激写」シリーズで話題をさらった有名写真家。今回も「STAR」という括りで、玉三郎や山口百恵などの有名人物写真を、年代はバラバラで配置されている。最近ものでは、今をときめくAKB48の集合写真なども。歌舞伎役者の表情を捉えたシリーズも迫力があった。
 今回の特色は、なんといってもスケールのある大判写真が多いこと。ポートレートというオーソドックスな題材は、時間の経過とともに、その時代を封印する宝箱のような役目もしているようで、若き山口百恵が水没小舟の舳先で水着の肢体を投げ出して物憂くこちらを眺めている写真などは、一気にあの頃の雰囲気を立ち上らせて七〇年代の匂いを醸し出していた。そういえば、昨年、同じ小学館ということで、某週刊誌に「GORO」のミニ特集を組んでいて、懐かしく買った覚えがある。若い頃から山ほど観ていて馴染んでいる彼の手法。そうした意味でこちら側の新鮮さはなかったが、何せ大迫力のアップは雑誌グラビアにはない力強さがあった。
 写真展の英タイトルが「THE PEOPLE by KISHIN」とある。たしかにその通りのポートレート写真展である。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-15 08:01 | 行ったところ | Trackback | Comments(0)

今年も行ってきた

 歳をとってきて、一日の仕事の負担感がちょっとずつ出てきて、どんどん出不精になるものだから、日記に書くようなことが、全然、思い当たらなくなって困ってきた。
先日は、ここのところ、また行くようになった新聞社主催の「夏山のつどい」に行ってきた。前半は、毎年同じような白馬岳と白馬山荘の歴史を綴った映画。
 今年のゲストは歌って山登りもする「シンガー・ソング・ハイカー」という奇妙なネーミングを自分で考えた可愛い女の子の歌手。たわいのないアウトドアの話なのかと思ったら、外国の4000メートル級に登ってきた話で、なかなか本格的な山行きの話であった。全国を縦断して路上ライブを決行し、CDを売り歩いたというから、なかなかバイタリティ溢れる。トークもしっかりしていて、さすが人前に立つ仕事の人である。自分で道を切り開いていく若い女性が最近よく目につくが、なんとも逞しい。
 後半のお楽しみ抽選会は、特に当たることもなくて終了。始まる前に軽くパン食で腹つなぎをし、帰ってからカップヌードルで夕食。この種の夜のイベントに参加すると、食事がいい加減になる。それも、行かなくてもいいかとなる原因のひとつ。
 
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-11 19:54 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

「肥溜め」って何?

 漢文で「肥溜め」が出てきた。原文では「厠所(ししょ)」とある。字だけ見ると、トイレのようである。授業をしながら、もしかしたらと、肥溜めの現物を見たことがあるかと聞いたら、誰もいなかった。ま、これは無理もない。
 じゃあ、何のために、畑に肥溜めがあるのか知っていますかと聞いてみたが、知っている人は誰もいなかった。つまり、糞尿が肥料であるということ自体知らないのであった。ウンコやオシッコを二年寝かせると、大腸菌が死んで、大事な有機肥料になるんだよと説明したが、あとで考えると、そもそも肥溜めという言葉で、畑の隅にある糞尿を溜めた場所であるということ自体知らない生徒がいる可能性が高いということに気がついた。もう後の祭りである。
この学校の周りは、その昔、畑だらけで、今、コンビニのあるあたりに肥溜めがあって凄い匂いを発していたよと地図付きで説明したが、もちろん、私が脳裏に描いている五十年近く前の景色など、同僚も含めて、誰も付き合ってはくれない。
ちなみに、この話題をお昼の時間に大声でしたものだから、食事中の人から顰蹙を買いそうになりました。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-10 20:53 | 文学・ことば | Trackback | Comments(0)

実は生で聴いていた

 大昔、ジャズ好きの友人に声をかけられて、小松市のライブハウスに演奏を聴きに行ったことがあった。その時、一緒に行った別の同業の人が、今、職場の同じ部屋にいるものだから、最近、その時のこともちらりと話題になったりもしたのだが、私は、なんというグループの演奏だったのかは、さっぱり忘れてしまっていた。舌を巻く巧さだったことだけは覚えているのだが……。誰と一緒に行ったということのほうが余程はっきりと覚えている。
 先日、そのジャス好きの友人と話していて、あの時のグループは、「Tースクエア」だったことが判明した。通りで上手いと思ったはずである。私が大学時代に「ザ・スクエア」の名前でヒットLPを連発していて、大学時代の友人が何枚もLPを持っていたのを覚えている。バーに掴まった若い女性のスカートが風でひらついている印象的なジャケットもあったはず。
 今度、能登のジャス・フェスに彼らが来る。それで、一度も生聴いていないし、聴きに行こうかなあと言ったところ、いいや、あなたは、昔、私と一緒に聴いているはずと指摘されて、ようやく判ったのであった。
 翌日、早速、職場の同僚のほうに、あの時のグループ覚えているかい? と聞いてみたところ、何と、彼は間髪入れず「Tースクエアだったよ。」のたまったのであった。
 どうも、忘れていたのは私だけだったようである。大ヒット曲、F1グランプリのテーマはやったのかしら? ジャズファンを自認している割にはボケボケで、こっちは情けない感じになった。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-09 21:52 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

連ドラと「赤毛のアン」

赤毛のアン力が今足りないという話を少し前に書いた。タイムリーな話題だと、あの時、宴会の乾杯挨拶にも使ったのだけれど、そもそも朝ドラを見ている人がほとんどいなくて、少々不発ぎみに終わった。
 数年前、同様の話題を職場でして、幾人かの女性同僚が赤毛のアンに影響を受けたといっていたので、再度、その話をもち出したら、やはり、私もですという人が幾人かいて、盛り上がった。女性教諭トータルでのパーセンテージは実は結構な数字になるのではないかしらん。
 大会引率中の役員控室でもアンの話が出て、熱烈ファンだと某中年教諭が自ら名乗り出た。彼女は朝ドラの村岡花子の生涯にいかにアンをかぶせているかを熱心にいろいろ教えてくれた。
 先週の新聞の日曜版には作者のモンゴメリの生涯の特集が。それを読みながら、私が高校生の時、勉強を習っていた英語の若い教師が、アンの島に訪問して現地写真を沢山見せてくれたことも思い出していた。 
 ドラマは友人の歌人白蓮の数奇な人生を絡めて進行中で、彼女が起こした「白蓮事件」は、姦通罪のあった大正時代の大スキャンダル事件だったらしい。菊池寛の「真珠夫人」のモデルだというのも今回初めて知った。文学史上、彼の代表的風俗小説として名高い。
 花子の出身の山梨方言は、どことなく、こちら北陸地方の言葉とよく似ているところがあって、同じ中部地方だからかねえと、夫婦で観ながら勝手な会話をしている。
 という訳で、なんやかやと、今回の朝ドラは、実に「文学的」な感じである。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-08 18:34 | 文学・ことば | Trackback | Comments(0)

「やぶさかでない」ということば 

「…するのにやぶさかでない。」という言い方がある。今まで「積極的ではないものの、それをしてもいいよ。」くらいの意味にとっていたのだが、どうもニュアンス的に違うらしい。
 先日の会議の途中で、この言葉を使って、「出張しに行くことについてはやぶさかでない。」と発言した方がいて、その場にいた人から、「じゃ貴方が行くので確定だな。」と突っ込まれていた。
 そもそも、「やぶさか」とはなんだろう。辞書をくると「吝か」とある。吝嗇(りんしょく)の「吝(りん)」ではないか。ケチという意味である。元々の意味は、その事について物惜しみしないという意味らしい。辞書の説明には「…する努力を惜しまない。」「喜んで…する。」とある。どうやら、漠然と思っていたよりも、ずっと積極的で強いニュアンスのようだ。
 世間的にはこう思われているが、本当はちょっと違うというのは、これ以外にも結構ありそうだ。まったく反対というのもあって、こちらの例は、「流れに棹さす」などが有名である。流れにはむかってという意味ではなくて、流れを助長させるほう。こんなはっきりしているのはいいとして、今回のような微妙なニュアンスの違いはなおさら難しい。
 知らないことばかり。勉強になりました。
[PR]
by hiyorigeta | 2014-06-07 18:24 | 文学・ことば | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり、日々の生活や趣味をつぶやいたりするブログです。アップが日付順でないことがあり、また、文字ばかりですが、ご容赦下さい。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
プロフィールを見る