ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カセットテープを聴いてみた

 ネットに「カセットテープ復権」という記事が出ていた。若者の間で、形のない音楽ファイルではなく、マテリアルとして価値を見なおす動きがあるという内容。
 ただ、現状、デッキもテープも一社しか生産しておらず、売っているカセットデッキもドルビー機能がないタイプ(パーツが生産されていないので、もう搭載できないという)。生テープもノーマルポジションのスタンダードタイプのみと、残念ながら復権はラジカセレベルにとどまる(ネットの記事の写真もラジカセが写っている)。オーディオレベルではもはや絶滅寸前である。

 早送り巻き戻しが壊れている我がデッキ。動くけれどきわめて使いずらいことになっていて、開店休業態。録音済みテープは捨てずに沢山持っているので、この記事に触発され、別部屋で放置されていたシスコンのカセットデッキを枕元のミニコンポに接続して聴いてみた。古い機械故、ドルビーももちろんついている。動かしてみたが傷みはなく完動。音も問題ない。
 あとはテープの状態次第といった印象であった。テープが劣化して皺がよったような音を出すものから、結構いけるものまで様々。もともと優秀デジタル録音のCDから録音したもので、テープもハイポジションの高級品を使っていたものは、ミニコンポレベルではCDとまず遜色ないレベル。よくよく聴くとピアノの単音が微妙に揺れ高音に抑圧感があることに気づく程度。例えば、ジャック・ルーシェ(p)のデジタル・プレイバッハものなどは感心するくらいいい音を保っていた。

 中には三十年以上前の演奏会の模様がオンエアされた音源をエアチェックしたものなどがあって、今となってはお宝。音はひどくても保存する意味がある。逆に、LPを録音したもので、今、そのCDを持っているものなどはテープを残しておく意義がほとんど失せている。どんと捨てようか、ちょっともったいない気もするが、かといって、今更、消去して他のものを録音しなおすこともないしで、あれこれ躊躇する。

 LPは捨てずにもっていて、アナログレコード復権の今、人生のお楽しみになっていて、捨てずにいて本当によかったと思っているが、はて、カセットの場合、ドルビーつきのいいデッキやハイポジ高級テープが再発売されて、LPのようにオーディオレベルで復権がなるかは正直怪しいところ。

 久しぶりに、テープの背表紙を見ていると、これを買っとかなきゃと思っていたクラシック音源を、実はテープで持っていたということに気づかされて、驚いた。そういえば、一時期、人様から借りてせっせとテープに録音したのだった。音はやはりそれなりにしか過ぎず、今はどんどんリマスターされて音質改善されているので、やっぱり最新リマスターCDは欲しいが、大まかな音だけなら充分テープでも内容を知ることができる。せいぜいテープも聴いてあげなくてはなあと思った今日この頃。
 ちなみに、同様なことは大量にあるMDでも起こっている。



[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-30 22:17 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(2)

ハロウィン直前

 上着を脱いでもいいような一昨日、一転、この季節らしい朝夕の寒さが感じられる昨日と大きく温度は揺れながら、十月も終わろうとしている。九月に引き続き、全体的には暖かな月だった。

 さて、ここのところ仮装が過激になって、渋谷の町では規制が云々といったニュースが流れている。
 年寄り夫婦の会話。
 「ところで、これ、いつなの?」
 「確か十月の終わりごろ。最終日でなかったような気がするので調べてよ。」
 早速ウイキで調べる。古代ケルト人の収穫祭が起源で基督教とは無関係。ここまで読んで、そういえば、昔調べたことがあるなと気がついた。全然忘れている。日時は十月三十一日だそう。この土日、二十九日・三十日に人が繰り出すというのは、今年の暦の関係からにすぎないようだ。本当は次の日、晦日月曜日。

 「日本ではあまり馴染みのなかったハロウィンであるが、後述の1990年代後半より始まった東京ディズニーランドのイベントを筆頭として、各地でのハロウィンイベントの開催が増えたこと、さらに2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機としながら、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及にも後押しされて市場規模が拡大」(ウイキより引用)

 まさに実感としてもそんな感じの普及である。ここのところ毎年急激に派手になっている仮装。ここ田舎の繁華街ではどうなのだろうか。
 先々週、駅に行った時、若者のファッションを見て書いたものの没にしていた文章の断片を掲げる。

 「駅周辺は、お洒落な服装をした沢山の若者たちが歩いていた。雪国でフェーンのこの地方はファッション向いた土地ではない。ただ、この秋春こそ着飾りがいのある季節である。一年に二回しかないこの短い季節、お洒落のしがいのある若いうちにせいぜいお洒落をしておいた方がいい。最近は、そう思っているので、結構派手なお洒落をして闊歩している若者も暖かい気持ちで見ている。
 実際、ああ、若いうちにもっとお洒落をしておけばよかった。夏には勇気を出してビキニも着ればよかったと後悔の弁を述べていた五十歳代の女性を知っている。親しい真面目な三十歳代独身女性に、若いうちだよと、この種の話を言っているのだが、「いやあ、この歳では、なかなか……」とか言って、地味な格好を崩そうとしない。その時はそう思うのだろう。だけど、あの女性のように後で悔やむかもしれないと思わないでもないが、人それぞれである。それ以上どうとか言うわけにもいかない。」

 昔に較べ、若者は、真面目になって、おとなしくなって、ひ弱になって、いい子になって、がんじがらめにされている。一九六〇年代の若者の自由さと較べれば、それは一目瞭然。どこかでガス抜きが必要と考えれば、この一日限りの仮装というのは、仮面を被った自己を解放するための仮面(仮装)として必要なものなのかもしれないという気もする。昔の鎮守の村祭りとあまり変わらない。とすると、収穫祭であるハロウィンの本義とそう変質してはいないということにもなる。
 クリスマス、バレンタインと同じで商業ベースの作られた流行・風俗だけれど、その時代時代を生きた人の精神のありようで、その民族の文化は移ろう。それは眉間に皺を寄せるようなことではない。
 年寄りはスーパーに並んだハロウィン模様の包装紙をまとった限定袋菓子を買う程度だけど、若い人たちの特権である。せいぜい、過激にならない程度に楽しんで下さいね。



[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-29 08:11 | 季節の話題 | Trackback | Comments(0)

技術力

 燃費偽装問題を何度も起こし、結局、日産傘下に入った三菱自動車工業。今日のニュースで、日産の外人社長が三菱の社長も兼任するという。ランサー、パジェロなど人気車種も多かったのに、今は売れ筋がなく販売台数は目を覆わんばかり。買っているのは三菱グループ関連の人だけでは?という皮肉も聞こえてくる有様。

 先に、三菱重工業は客船製造事業から手を引くことを発表した。今後は貨物などに注力するという。豪華客船造船中、何度も火災を起こして納期が遅れ、莫大な補償金を請求されている上に、現場は、素人や外国人が入り乱れての作業で、危険度が増し、労働環境・安全環境が悪化しているという。作って五年の貨物船が沈み、積荷の損害も含め賠償金を請求されているという記事もあった。

 三菱飛行機(MRJ)は国産小型飛行機を開発中。しかし、何度も試行フライトが延期になったりして、海外のライバル会社に先を越されてしまったのは周知の事実。先だっては試行フライト中、空調の不調で引き返したというニュースが出ていた。受注は維持しているようだが、もたもたしている感は否めない。ちゃんと生産にこぎ着けて商売になるのかしらん。
 実は今日気がついたから書いているのだが、三つとも三菱。グループ企業として大丈夫なのかと心配。
 しかし、それ以上に、これは、技術立国が看板のはずの日本の技術力が著しく低下してきているということである。一度、低下すると元に戻すのは大変である。

 いくつのかの競技をどこでやるかさえ決まっておらず、今、もめているオリンピック。決まるのが遅くなっても、さっさと工事は出来て納期に間に合うという算段なのかしら。四年なんてあっという間だけど……。
 ギリギリで仕事をすると、何らかのトラブルがあった途端、間に合わなくなるよ、仕事は早めにね、というのが鉄則ですよねえ。私も定期テスト前、生徒に言っている。

[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-19 21:15 | 教育・世相 | Trackback | Comments(0)

厳しい

 某日、引率で公共研修宿泊施設に泊まった。例年より、何かと厳しくなっていた。退館時、清掃のチェックシートを提出の上、職員の点検を受けよなど、これまでなかったやり方が導入されている。こちらが指導をしっかりするので就寝時間を延長させてほしいと窓口に申し出たところ、例年とは違って、中の事務室はどことなく凍りつき、職員はパッと館長らしき人の顔色を伺った。その方の許可をもらって、ようやく使えるようになった。
 最初のオリエンテーションの時も、職員が前に立っているのに気づかず、引率者同士で小声で打ち合わせをしていたところ、生徒が静かになり、それですぐに気づいて、話しをやめた。その間、ほんのしばらく。ところが、職員の発言は「ようやく静かになりましたね。」から始まった。大人が怒られてしまった。すいません。
 結局、ついぞ「ようこそ、いらしゃいました」の一言もなく、淡々と館内利用の注意を述べていた。なんだか、一昔前のお役所のよう。食堂業務も停止していて、こちらが夕朝二食の心配をしなければならなくなった。
 研修施設なのだから、厳しいのは当たり前という本義と、就労上の便宜が一緒になると、おそらくこうなる。
 今年使ってみて、「あれあれ」と思った利用者は、次からは使わなくなる。年単位でゆっくり利用者数は減っていくことだろう。数年おきに管理職は替わる。次の管理職は、利用者減に悩むことになるのではないだろうか。やり方を甘くして、腰低く集客を乞わねばならぬ。
 世の中はこうして、オシロスコープの周波数の如く、強弱を繰り返す。

 実は、別の施設でもトップが替わって厳しくなった。厳しさには、理屈が通って、こちらの反省を促す、納得できる厳しさと、理不尽としか思えない厳しさがある。また、理屈が通っていても、こっそり問題があったよと告げて、改善を求めるのではなくて、わざわざ事を大きくして、立場上の優位を見せつけているとしか思えないような厳しさもある。
 人はある程度は従う。向こうが立場上偉いから。あるいは浮世の義理という諦めを知っているから。でも、最近、そういうことばかりになってきているような気がするなあ。

(追記 後日そこをよく使っている方とお話をする機会があった。その方曰く、厳しくなった上に食事も出さなくなり、利便性が急激に低下している。このご時世、いずれ整理対象の施設になるだろうとのこと。この方も厳しい見方であった。)
[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-19 01:55 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

ちゃんと休み

 珍しく休日の二日間とも仕事が入らなかった。土曜日午前中は部屋の片付けや洗濯、さき一週間のための常備菜作り。午後は駅広場での中古音盤市へ出向きCDを物色。古いロック、ジャズ、クラシックと我ながら雑多な買い物。

 今日は夜中に起き出し、珈琲をたてて飲みながら、昨日入手した音楽雑誌や無料タウン誌に目を通す。
 大昔、ある本に、今は町の情報がほしい人は、お金を払って書店から地域情報誌を購入して入手しているが、いずれ、無料配布のタウン誌が町に溢れることになるだろうと書いてあった。そして、程なくそうなった。何種もの無料タウン誌が店先に並んでいて、それを一ヶ月毎に入手し、ランチ情報なんていうものを手に入れる。それが当たり前になってもう二十年近くたつ。
 昔は、載っているお店を開拓したりしていたが、最近は、そうそう新しい飲食店に行かなくなった。だから、記事の部分は読むが、お店チェックはおざなり。そもそも、小麦粉のボディに生クリームとチョコレートソースがたっぷりみたいなデザート系食べ物は見ただけで胃がもたれそうでパス。アルコールの店も最近はほとんど行かなくなったなあなんて思いながら目を通していたら、新聞が配達され、引き続きそれを読んでいたら外が明るくなった。

 爽やかな秋空の休日。日中は、カーテンの掛け替えなど夏物から冬物への入れ替え作業。扇風機をしまいヒーターを出したりした。BGMに昨日買ってきたCDを流す。発熱過多のアンプもさすがに気温が下がってきて夏よりはましになったが、それでも気を遣わなくてはならないレベル。終日流しっぱなしなんていう使い方には向かないアンプだなあ。
[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-18 03:55 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

最近の日本の仕事は

 仕事は、昔に較べ、あれ出せ、これしろとやたらに色々細かいことをしなければいけなくなった。プライバシー関係でややこしくなったのも事実。中には、する意味が薄弱なものもあるが、もちろん、嫌でも、強いてしなければならない。
 ①色々変更し、②細分化し、③例外ばかり作っていくと、結局、人間である。いくつか対応を忘れる。ちゃんとやっているつもりでも、二割くらいは忘れたりする。パーフェクトはよほどの人。人は少々忘れるのが普通。
 ただ、そのせいで、八割しかしっかりしない仕事ぶりとなり、総体としてピリッとしなくなる。皆忙しいから。そうなると、各自、自分のことで精一杯で、一丸となってやっている感は薄れる。
 現代は、色々配慮した挙げ句、こうなった。どれが本筋かはっきりしなくなり、細かいことをしっかりやった挙げ句、肝心の本筋をやり忘れたり、他人にお任せになったりする。他部門との連携もビジネスライクになり、一度意思疎通がうまく行かなくなった時の修復がうまくいかなくなったりする。
 現代の日本の仕事は、どの業種も、往々にして、こういう事態になっているのではないかしら。色々出てくる問題を、過剰敬語やらバカ丁寧やらで乗り越えようとする。
 粗くて、細かい配慮は多少たりないのかもしれないが、本筋がしっかりしているほうが何ごとも上手くいくのだけれど、もうそこには戻れない。
 ちゃんとパーフェクトにせよといわれたら、仕事が本当に辛くなる。あと数年で定年の私たち世代はいいが、前途ある若い世代が、こうしたことで燃え尽き症候群的に消耗しきるのではないかと心配だ。
[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-11 23:01 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

クラシック本を読んでいる

 クラシックジャーナル編集部編「おとなの楽習 クラシックの偉人伝」(自由国民社)を読む。入門にちょうどよさそうと図書室に配架してもらっていたクラシックの入門書である。今回、パラパラと、気に入っている作曲者から読んでいった。本当に、判りやすく「です・ます体」で、有名作曲家の人生が簡略に書いてある。CDのライナーノートなどに書いてあって、知っている逸話も多いが、知らないことも結構あり、勉強になる。男女のいざこざもちゃんと触れていて、あくまで「おとなの楽習」本である。

 もう一冊、「くわしっく名曲ガイド」茂木大輔(講談社)を読んだ。N響オーボエ奏者が面白可笑しく、奏者としての観点をふんだんに取り入れて、解説してくれている。スーパージェッターの「流星号」とか、ギャグが古い。そこでプロフィールを観ると、私と同い年。道理で‥‥‥。
 スピーカー選びの参考にとオーディオ季刊誌を最近買った。それも高級志向のやたら重たい雑誌。読むと紹介されているものほとんどが百万円超えばかりで、さすがに、これは関係ないと思ってしまった。

 そうこうしているうちに、若い頃、クラシックLP購入のガイドとして、門馬直美なる人物の新書本を参考にしていたことを思い出した。女名前なのに男性ということで、今も姓名をはっきり覚えている。ウイキで調べると、二〇〇一年、もう十五年も前にお亡くなりになっているようである。もう、ここのところ、人物を調べると、そんなのばかりである。
 それで今度は、オーディオ関係で、あの頃活躍していた評論家も、だいぶ代替わりしているようなので、何人か調べてみた。やはり、多くの方が鬼籍に入っていた。菅野沖彦は存命だったが、既に齢八十を超え、病気療養中とかで、もう筆は執っていないようであった。
 ちょっと、クラシックやオーディオのリサーチをしても、ブランクが何十年とあると、月日が流れ去っている感慨がひときわ強く湧く。
 でも、まあ、逆に新鮮にまた色々リサーチできるのは楽しいことだと思って、今は楽しんでいる。

 中村紘子(p)が亡くなったので、今、「ピアニストという蛮族がいる」(文藝春秋)を読んでいる。クラシック業界裏話が上手い文章で書いてある。庄司薫が聞き書いたのかな。
[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-07 18:36 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

台風通過

 昨夜は台風が通過し、強風が吹き荒れた。夜九時あたりから本格的な風となり、朝には通り過ぎてしまったので、日々の生活に大きな影響は出なかったのは幸い。
 朝のニュースで,金沢は風速四十メートル超で観測史上もっとも強い風と言っていた。へえ? 確かに強いには強かったが、人生最高レベルの強風だったかしらんとチラッと思った。
 昨日の昼に職場で、二十年以上前、金沢にかなり被害をもたらした台風のことが話題になった。あの時のことはよく覚えていて、素人設置のアマチュア無線のアンテナがあちこちで倒壊し、私も知人の再設置のため、そのオタクの屋根に上がった覚えがある。
 あの時のほうが強かったような?

 そこで気がついた。そもそも金沢の測候所の場所が違っている。当時は市街地の住宅街の中にあったので、市民の実感に即した数値だったが、海側の新開地に移ったので、数値の連続性が若干失われた。山から遠いので、 雪の数値はいつも実感より低い。その反面、おそらく風の数値は高くなる傾向があるのであろう。
 数値は一見客観的なもののように見えるが、一般社会、そう理科実験のように条件を恒久的に一定化できていることは稀である。ほどほどの、細かいことはともかく、大雑把にはこういう感じ・こういうレベル、といった程度で捉えるのが、いいように思う。

 住んでいるマンションのエントランスの広場は吹き散った落ち葉が地面を埋めている。職場も同様。木が倒れて担当者が校地を巡回して状況把握をしていた。今日は、あちこちで、管理人さんをはじめ、建物の管理業務にあたっている方々は大忙しである。
 今朝、台風一過の晴天をイメージしていたのだが、雨が残り終日曇天で、今年特有の湿気の多い一日であった。今日は、倒木を窓から観ながら、同室の七十歳半ばの方から伊勢湾台風の思い出話を聞いた。京都で強風を体験し、後日、工場の破壊された機械の後片付けのバイトをしたという。私が生まれてすぐにあった大災害。四八〇〇人の死者。

 朝、微妙に出勤が遅れ、図書室を開けるのが遅くなったが、待っていた生徒から、台風の影響ですよねと言われ、実は、のんびり朝の用意をしていたのが原因だったので、正直に「違う」と答えておきました。台風のせいにしておけばよかったかな。
[PR]
by hiyorigeta | 2016-10-06 21:16 | 季節の話題 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31