ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

間違った情報で

 アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーの一人(十八歳)が二月上旬急死し、この土曜日に偲ぶ会があった(ファンの生徒が横浜まで参列しに行ったが、部活練習欠席の理由は「法事」となっていて、確かに嘘はついていないねえと、微笑ましかった)。一か月前にNegiccoと共演したばかりで、ネット映像で観ていたので、どの子がなくなったのかは私も判る。背の高い上品な感じの子である。テレビは、このことで、この業界の低賃金体質などブラックな面をいくつか指摘していたが、突き詰めると、マスコミ業界自体の体質もあばかないといけないことになり、この話題をネタに番組にアイドルを出演させるなどすることで、なかなかしたたかなやり方で、お茶を濁していた印象であった。

 彼女の死因は致死性不整脈という。当初、別の病名がまことしやかに世間に流れ、皆それを信用して、大量コメントがネット上に流れた。虚偽の情報らしいという話がその次に流れ、一気に病名がらみのコメントはなくなった。嘘に左右され、膨らんだりしぼんだりする様子が、いかにも今のネット社会を象徴するようであった。

 ネット社会の住人は、話題に乗ろうと、すぐにツイッターで呟く。なにしろ、SNSの魅力は、その「即時性」にある。すぐにそれに関したいろいろな情報が入手・発信できる。そして、それは大きな力にもなるが、よく考えれば、もともとはその時々の情報に対する素朴な反応でしかないので、情報の真偽も確認せず、深く考えもしないその場限りの「刺激と反応」の「反応」のような泡沫言説のはずのものが広く流布し、それが「世論」として利用されるということも起こり得る。なんだか怖いなあ。

 例えば、この前、ニュースになっていた話。
 悪意があるねつ造の記事がブログにアップされ、それが色々なSNS経由であっという間に拡散した。写真もそれらしくみえるが全然関係ないもの。結果、当該団体に、それを信じた人から非難中傷のメールやら電話が殺到。後、事実無根である旨の検証記事がネット上に出ていたが、そのコメント欄には「火のないところに煙はたたない」式の疑いの文言もたくさんあった。残ったのはその団体の信用の失墜、とまでいかないまでも、信用に傷がついたことには違いない。ブログ作者の所期の目的は十分達成されたことになる。こうした災難、いつ何時、自分に降りかかってくるかわからない。

 今のいじめは、気に入らないからとかではなく、今 度は誰々にしようという風に、ターゲットが次々と移りゆくという形をとる。コテンパンにして次へ。
 ネットの世の中、起こっているのは、これと同じような無差別いじめではないかしら。話の場が、クラスとか小さなサークルから日本全体に拡大しただけ。

 そういえば、今年就任した自国中心主義の某大統領は、どんどんツイッターで呟いている。大統領の発言は公式的な意味を持つと思うが、ちゃんと政府各機関との折り合いつけてからしゃべっているのかしら。公職とはいえ、個人サイトの「つぶやき」に、世界各国が右往左往しているのって、何か変。
[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-28 22:13 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

さすがの大学


 今年は大阪大学の問題演習を担当したので、大阪から帰ってきた生徒が問題を見せてくれました。本文にラインを引いてある苦闘の跡が生々しいもの。
 「現代文」問題の大問二は、吉見俊哉『「文系学部廃止』の衝撃」(集英社新書)が出題されていた。国立大の文型はコミュニケーション系以外の学部を縮小し、それらは私学が担当すればよいという見解を先年発表し、衝撃が走ったが、それに対する分析の文章である。もともと新書ということで、気軽に読めることを想定していて、平易な文章の部類である。
 受験生はもちろん文型の子たちで、これを読み、説明問題の答えを書く。まるで文型は益がないかのように思われているが、そうではないというということを説明している。
 それにしても 、この文章を受験の文章として出すことに大阪大学の矜持を見る思いがした。受験の文章に出すことで、大学自体が文科省に面と向かって「オカシイやろ!」と反論しているのである。
 いやあ、なかなかの「漢」だなあ。この大学を、いまさらながら惚れなおし(?)ました。

 このことを話していると、司書の先生が、この本はちゃんと図書室に入れてありますという。時事話題として、この問題についても本を入れておいたほうがいいと判断していれましたとのこと。さすがにご商売である。
 ということで、早速、この新書を借りていった生徒がいて、今は貸し出し中。目を通してみたいと思ったが果たせないでいる。

[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-27 23:39 | 教育・世相 | Trackback | Comments(0)

ネット中心生活


 仕事場も自宅も、パソコンのホームページはYahooにしている。記事を時々読むが、なんだか、えらく白黒はっきりつけて、悪者に仕立てたい人には「あげつらう」と言ってもいいほどの書き方がしてあるものがある。上品でない内容だなと思って読み終わる場合、記事の引用がどこからかを見て、納得することが多い。
 そんな場合、画面上方にあるタグを見ると、いつの間にか「雑誌」の項目になっている時が多い。つまりは、週刊誌レベルのこき下ろし記事を読んでいたということなのであった。
 道理で週刊誌が売れないはずである。下世話な話題は、ネットの流し読みで十分である。ここで、おおかたの下世話話題のネタは読めてしまう。
 ある人が、「最近の男性週刊誌は、昔の芸能人のグラビア写真などを「懐かしの~」などという名目で載せてお茶を濁しているけど、あれじゃあねえ。」と、あきれていたが、私もそれには気がついていて、やはり、みんなそう思っているんだと思ったことだった。
 その頼みの綱の懐かしのアイドル写真も、ネットで画像検索するといろいろ出てくる。今は五十歳代芸能人の若かりしころのフレッシュな水着グラビア。今流行の子の画像や映像もネットに大量にある。もう、従来型の男性週刊誌に未来はないように思える。
 映像ニュースも、めぼしいものはさっさとネットに上がっていて、それで主要キー局の今日のニュースがみられる。ニュースしか見ない人はそれで充分。バラエティや一部ドラマも、見損 ねた人向けに民放が共同で一週間アーカイブしてくれているサイトがあって、それを見れば世の中の流れからは遅れない。そんなこんなで、居間の受像機で番組を見なくなった若者は多いのではないだろうか。
 よしんば、テレビを視聴しても、見たい番組は予約録画してあるので、オンタイムで見るという、これまで当たり前だった習慣も崩れてきている。CMを飛ばし、面白くないところを飛ばして能率よく見ることができるからHDに入れてから見たほうがよい。放映時間に体が空いていても、わざわざ別のことをしてすごし、録画が終わってから早送りボタン片手に観るという視聴の仕方も当たり前のようにし始めた。
 今の世、いろいろなことがメリハリなく、グズグズに崩れていっている。

 ということで、私は、今や画面の前といっても、パソコン七割テレビは三割といった割合で、パソコンばかりに座っている。
 大人でさえこれである。多くの高校生がネットやスマホにはまり、深夜までネット上を徘徊し、学業がおろそかになり、成績が下落し、授業が分らないからしまいに学校へ行かなくなり、自室に閉じこもり、精神に変調をきたし……という負のスパイラルに陥っているのもよくわかる。
 おそらく、この予備軍は、高校生レベルで一クラスに数人、学校全体で一割以上はいる。特に男の子の引きこもりは多くがこれであるような印象である。これに、通学の往復に時間がかる子は、危なっかしい率がぐっと高くなる傾向も見逃せない。
 茶の間で家族とともにテレビを見る。本屋に立ち 読みしに出かける。つまり、家族団らんのコミュニケーション、外に出ていい空気を吸う、付随してほかの本のコーナーにも行って+アルファの情報を得る……というような広がりがこれでは何にもない。
 もし今時の子供として生まれていたら、現状の自分を鑑みるに、私自身、陥穽におちることなく、うまく成長期を通過できていたか、正直心もとない。本当に今時の子供は大変である。 



[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-26 21:52 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

ギター・サウンドを楽しむ


 23日の朝、新聞を開いたら、ラリー・コリエル(g)死去との記事が出ていた。
 七十年代初頭、ジャズギター界はロックテイストを加えたギタリストたちを輩出した。マハビシュヌのジョン・マクラフリンやこのラリーなど。彼は先駆者的存在であったが、ジャズ色が比較的濃厚に残っていて、後のフュージョン全盛時代に寵児となることはなかった。有名なアルバムは、黒縁眼鏡をかけた横顔がアップに写っているやつである。我が家には、辛島文雄(p)のアルバムにゲストで参加して数曲弾いているLPがある。そういえば、近年は名前を聞かなかった。九十年代以降、どんな活動をしていたのだろう?
 年末のグレック・レイク(b)にしろ、一番、音楽を聴いていた七十年代に活躍した連中がどんどん鬼籍に入っていく。

 職場に、初任でもご一緒だった同世代の音楽好きがいて、古い外国ポピュラー系のCDを貸してくれたので、少しずつ聞いている。グランド・ファンク・レイルロード、クイーン、ブルース・スプリングスティーン、フューイ・ルイス&ザ・ニュース。自分からは買わないジャンルの音楽なので、逆に新鮮に聞くことができた。「ああ、この曲、ヒットしたよねえ」というのが時々流れてくる。グランドファンクの「ロコモーション」やフューイの「パワー・オブ・ラブ」など。中では、やはり世代的にグランド・ファンクのゴリゴリのロック・サウンドが懐かしかった。ギター・リフがいかにもいかにもである。
 そんなわけで、ちょっとハード・ロック気分となり、お楽しみで聴いていたハロプロ系列のガールズ ・ロック・バンド、ラベンダーのDVD(昨年九月のライブ)を購入してみた(エアロスミスとか洋物にいかず、ハロプロかいと突っ込まれそうだ)。魚住有希の弾くギターは典型的ハード・ロック・サウンドで、それにアイドル風味を残したツイン・ボーカルが載るスタイル。彼女のソロはフレーズに華があって上手。売りのツイン・ギターの相棒、宮沢茉凛は超がつく美人さん(魚住はこのライブで卒業。今後、このバンドはどうするのだろう?)。

 最近、夜のお楽しみで、ハロプロPR番組を連続的に見ている。その中で、アイドル曲のバック・サウンドを録音する様子がいろいろ紹介されていた。エレキ・ギターやベースが、スタジオで音を録っていく様子がなんとも興味深い。音は「継ぎはぎ」するので、部分部分、細切れで録っていく。「ここはこういうほうがいいよね」ということになると、そこだけ弾きなおす。あるいは何パターンか録って選んだりもする。
 調整室のコンソールの窓の向こう、衝立などに仕切られたスタジオで黙々と孤独に弾くというのではなくて、ディレクターらが一緒に座っていたりする場所で、談笑しながら何度も弾きなおしている様子は、私のこれまでイメージしていた録音風景とだいぶ違う。それに、音はすべてパソコン経由で編集される。そんな今の音づくりの様子がよくわかって面白かった。
 ベースなど、昔、超絶技巧と思われていた奏法や超高速運指も、今や涼しい顔してやっていて、時代の進化を感じた。まあ、なんでもござれの、恐ろしく達者なオッサン演奏家たちである。
 先日、リッチー・ブラックモアがギターを弾いて会場を沸かせている古い映像をネットで観たが、今観ると、なんとソロが単純でのんびりしていることかと、素朴ささえ感じた。これも時の移りかわり。
 ということで、最近、ハード系ギター音楽も聴いている。この手のギター・サウンド、高校生の頃、はまっていた連中多かったなあ。

(追記 話題に出した辛島さんが逝去されたと死亡記事が出ていた。ライブも二度見たことがあり、贔屓のピアニストであった。とにかく巧かった。合掌。2017・2・27)

[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-25 20:41 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

当時使われていなかったからと言って


 先日、次期「小中学習指導要綱(案)」が公表された。目玉の目標である「アクティブ・ラーニング」が、「ともかく、グループ学習させればいいんだろ」的な解釈をされ、「活動あって学びなし」に堕している現状の試行結果を踏まえ、知識の習得にも時間をかけるべき旨明記されているところが、なんとも可笑しく、さい先思いやられる「目玉」である。
 中で気になったのは社会科で、当時使われていなかったとか、一部で通商があったからという理由で「鎖国」という言葉を使わないという。代替用語は「幕府の外交政策」。ただ、これでは、外交全般を表す言葉でしかない。幕末の「開国」のほうはそのまま使うと いうし、何か違和感が残る方針である。
 他に聖徳太子は「厩戸王(聖徳太子)」にするという。確かに厩戸王という言葉も習った。こちらのほうが当時の言い方なのだろう。でも、以後、聖徳太子立像や掛け軸などほとんどの作品はもちろん聖徳太子のほうで呼びならわしている。
 その後の文化的な受け継ぎなども含めて決めるべきで、変にいじくると、長い目で見て混乱するのではないかと危惧される。一見、学問的成果の結果の変更であるという衣を纏っているが、私には、今世界ではびこる硬直化した「原理主義」の流れのように感じるのは私だけだろうか。

(追記 後日の新聞によると、異論が多く出てこの件は急にトーンダウンしたらしい。)

[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-22 20:32 | 教育・世相 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのペンクリニック

 愚妻が新聞記事で地元百貨店でパイロット社のペンクリニックが開催されるというのを見つけた。
 ということで、この休日、久しぶりに出の悪い万年筆片手に愚妻とともに、繁華街、武蔵が辻に赴く。寒いものの晴天で、この時期としては上々の部類。
 ペリカンの茶柄復刻調の限定版を、以前ネットで買ったのだが、最初からかすれてインクの出が渋かった。それを直してもらう。調整中、いろいろ注意点を教えていただいたり、見本品の書き味も試したりして、久しぶりに万年筆に親しみが湧いた。他社のものでも快く引き受けてくださって、ありがたい気持ちでいっぱい。これで、ようやく限定ペリカンが使えるようになった 。
 愚妻のほうはパイロット社のものを調整してもらったが、メッキの剥げたパーツを無料交換してくれるとのことで、喜んでいた。

 少し遅い昼食をとった後、近江町市場を通る。日曜日とて鮮魚や青果市場はセリをしていないから、当然、ここも原則休業だが、観光客はネットで有名になった海鮮丼店などに群がって列を作っている。また、そうした観光客目当てで、生鮮品を扱っていないお店が店を開けている。中には魚店まで開けていて、蟹なんぞを売っているのが、地元民としては違和感が残る。本当に大量の県外客がうろついていて、全店開けている平日より活況を呈しているのが、やはり、なんとも変。
[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-20 21:09 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

本日の話題といえば

 もちろん、チョコレート。
 動脈硬化予備軍の私。予防によいとされる「ポリフェノール」がチョコレートのカカオに大量に入っているとかで、今、高カカオのチョコレートがブームである。先日みたテレビでは、白衣を着たドクターが、毎日、五粒食べるといいとのたまう。無理に高カカオでなくても、カロリーは少量だから気にする必要がないとのこと。
 二週間前に見たネット配信動画では、百パーセントのを食べていた。そんなのがあるんだ。見ると、さすがにまずそうであった。
 昨日、スーパーに行ったら、八十六パーセントと七十二パーセントのがあって、興味本位で高カカオのほうを買ってみた。 甘味はほとんどなく、苦い。昔カカオは薬でもあったと聞いたことがあるが、そんな感じである。本日、七十二のほうを食す機会もあって、こちらは。それなりに甘味があり食べやすい。お菓子として苦めのチョコを食べているといった感じなら、こちらのほうが抵抗がない。
 今日のバレンタイン、親族・職場同僚などからもらって、即、メモをする。三月十四日にお返し日があるからで、このお返しを早めに買うと賞味期間が短くなって失礼だし、ひきつけると今度は仕事多忙期間なので、買い忘れるで、なかなか悩ましい、
 以上、バレンタイン~ホワイトデイ関連のお話。
[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-14 18:11 | 季節の話題 | Trackback | Comments(0)

そうだろうと思った恵方巻

 なんだか、当然のように節分の伝統行事のような顔をしている「恵方巻き」。スーパーは予約まで受け付けて、豪華な具が入った太巻きを高い値段で売っている。今や大事なスーパーの一大イベントである。大阪ではそういう風習があったのだという解説を聞くたびに、眉に唾していたのだが、今日、ネットで次のような解説記事があって、そうだろうと納得した。
 恵方巻きに詳しい熊本大准教授岩崎竹彦氏によると、「もともとは船場の旦那衆が、花街でやっていた遊び」だったとのこと。それに業界のPRが加わった。資料として発見した一番古いものは、「1932(昭和7)年に大阪鮓(すし)商組合後援会が発行したもの」だという。それは「幸運巻寿司」をPRするためのビラだそうで、恵方巻という名称ではなかった。
 戦後、これを展開しようとしたのは、スーパーマーケットとコンビニエンスストアで、大阪の海苔組合などが乗っかったらしい。この海苔業界の陰謀というのは、よく聞く説である。また、寿司の組合は、風習の起源を明確に示したビラを発行したそうで、それが起源の説として根拠化し、「いわば怪しげで不可思議な風習が本物となった、あるいは本物であることの装いができあがった、と考えられる」という。
 ここ二十年ほどで定着した胡散臭げなこの日本の伝統行事は、今やわざわざ胡散臭いという人も少なくなり、すっかり正統なものとして安住しているかのように見える。だけど、私はあまのじゃくだから、 やっぱり、せっせと胡散臭い行事だと子供達には宣伝していこう。彼らは、物心ついた時にはもう食べていたので、ほとんどの子はこのうさん臭さを知らない。
 ただ、わたくし、寿司の巻物を全面否定するほど剛の者ではありません。今日も仕事帰りにスーパーに行き、赤札になった豪華具材の巻物を買って、それで夕食にしようと思いました。一食でも料理が手抜きできるのは、毎日作っている者として、うれしいことです。

さて、ところが、今日に限ってスーパーのお惣菜売場の恵方巻コーナーは強気で、赤札が貼ってありませせん。お客もそれなりに集まっていて、正規の値段で買っている。ご存知のように、この巻き寿司は、いろいろな具材が入ってお高い。
 それに対して、さっさと 赤札がついていたのが精肉売り場。今日、恵方巻を買う人は、まずもって夕食に肉料理はしない。そのため、いつもより肉が捌けていない。その結果、いつもより早く値段を下げているということらしい。なるほど、さもありなんという展開。
 結局、今夜はお肉になりましたとさ。
[PR]
by hiyorigeta | 2017-02-03 22:10 | 季節の話題 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com