ブログトップ

金沢日和下駄~私のものぐさ日誌~

タグ:定年 ( 2 ) タグの人気記事

二〇一九年問題 


 あれだけ先の話だと思っていたリオデジャネイロ五輪。あっという間に、その日が来て、先日、全日程が終了した。子供の頃から、いつかコルコバードの丘に行きたいと思い、この五輪はいい機会だなと思いつつ、結局、現地に行くという大英断はせず、例年通りテレビ観戦。今回はたくさんメダルが取れて、日本にとっては悪い大会ではなかったようだ。地球の裏側なので、夜に予選を観て、朝、決勝を観るというのが定番の見方だったらしい。
 次は、いよいよ東京五輪。夫婦ともども定年で、第二の人生を迎えている。日本開催なのだから、開会式かなにかを観に行きたいねえという話が当然のごとく出た。
 ただ、我々夫婦、その時、退職はしているが、肝心の年金がまだ出ていない。どうやら、耐えに耐え、年金が出始めるのを待つという一番経済的に苦しい時期に開催されるようである。我が家では、それを「二〇一九年問題」と命名した。命名者は愚妻。オリンピックの年、「二〇二〇年」問題でないのかいと問うと、二〇年冬から愚妻の年金が貰えるので、二〇年も苦しいのだけれど、まるまる一年貰えないのは前年一九年のほうだからということであった。
 どんどんお金を崩していくだけの時に東京オリンピックがあるらしい。なんて間の悪い!! 

[PR]
by hiyorigeta | 2016-08-23 18:36 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

「老後生活設計セミナー」に参加する

 
 定年後の生活設計が気になるこの頃、ちょうどいいセミナーが互助会主催であったので、先月、参加した。場所は地場産業振興センター。この前、ひさしぶりに来たばかりのところ。続く時には続く。
 当然、経済的な生活設計、つまりは死ぬまでちゃんとお金が保つのかということが話の中心だと思っていたが、生活そのものの充実、生き甲斐など精神的なものなどについて時間をとって解説していた。確かに、お金ばかりが問題ではない。多項目で、概論的といえば概論的であったが、まったくの初心者にとっては、逆にそれがよかった。金銭の問題も全体の生活の充実の中から考えねばならない。
 色々チャートをやったが、残念ながら、今、あまりいい老後のスタートを切っているとはいえない状態であることがよく判った。となりの人と余暇や運動面についてやっていることを話し合えと言われて、その見ず知らずの人と自分のことを喋ったが、その人は、スポーツや犬の散歩などアクティブに動いていて、私などよりよほど優秀だった。
 講師の話を聞いていて、私も駄目だけど、愚妻は私に輪をかけてよくないということもよく判った。二人とも今から生活改善が必要である。

 さて、問題の金銭面について。
 六十三歳より支給される私の年金月額の試算が提示された。これだけでは全然やっていけない額である。愚妻によると、数年前に退職された方にお聞きした月額より七万円以上安い。そういえば、数年前、退職金も大幅減額されており(例の駆け込み退職で話題になった)、本当にここのところ急激に悪条件になってきている。
 示された例を見てみると、例えば、一馬力で定年後無収入だと、月々の赤字をどんどん退職金で補填することになり、七十歳半ばですっからかんとなって、赤字財政に転落する。あとは定年までに貯めていた貯蓄頼りということになるが、子供の教育費・結婚費用などで、定年時、蓄えが底をついていて、退職金でなんとか一息ついたといった状態の人は、破産の危険性が大きい。
 まず、こうした人は否が応でも定年後も働かないといけない。以前は、もうこりごりだと再雇用をしない人が多かったが、最近は再雇用希望の人がぐっと多くなった。それは「背に腹は代えられない」からだということがひしひし判った。大昔は最後の手段は「子供頼り」だったが、今や子供は自分の生活で手一杯である。
  当方は二馬力故、なんとか破産という事態は避けられそうだが、後二十年もしたら、破産老人が町に溢れるのは間違いないことである。町は殺伐とし治安が悪化しないか。
 この「自分の生活の改善」と、「明るくない日本の老後事情」という二つのことを勉強してきた半日。

[PR]
by hiyorigeta | 2016-08-21 20:32 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。仕事がらみの話は話題が死んでから載せるようにしています。http://tanabe.easy-magic.com