中古漁盤

 先日、代休で久しぶりの平日午後休み。繁華街へ行く。ドライブで秋の自然散策も考えたが、歳をとると出不精になる。運転してそこに行くまでのことを考えると、近場主義になってしまう。
 今や大観光地、近江町市場の近くの中古CD・レコード店をじっくり冷やかし、ソニー・クリス(as)晩年のフュージョン作という異色盤を見つけて購入。結構マニアックなものだったからか、長々いたからか、年に三回中古レコード祭りを駅地下でしているから案内を送るがどうかと聞かれる。もちろんお願いする。
 このCD、あの硬派なパーカー派が、時流の音楽をやらされて……という解釈も出来るが、そうではあるまい。当時のフュージョンの人気メンバーの参加を得、ストリングスやブラスも加わっての大がかりな録音。人生最大のお金のかかったレコーディングではなかったのかしら。嬉々として吹いているというのが正しいのではないかと思う。若いサンボーンあたりの世代と比較すると、とにかくダラダラと吹きすぎで、フレーズがやっはりパーカー。つまり、そこを楽しむのがお約束の盤(?)。

 ネットで予約していた笠井紀美子の七十年代の旧譜再発盤が届く。「東京スペシャル」。ジャズ歌手として人気絶頂の頃、全曲日本語、安井かずみ作詞で制作された、これはもうちょっとジャージーな歌謡曲アルバムである。大昔、カセットに入れて、よく聞いていたので、個人的にはお馴染み。今、クレジットを読むと、作曲に大貫妙子、山下達郎、ジャケットに篠山紀信と、もうCBSソニー全力の売り出し盤だったことが判る。彼女の声は少々上っ滑りで、深く響かないのが残念だが、当時、結構ラジオなどで流れた人気盤であった。
[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/24974384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2015-11-13 20:25 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31