やはり壊れていた

 調子が悪かった一眼レフ(K-30)。球場では途中で直って、事なきを得たが、ついにシャッターを切っても、常時、真っ暗となった。
 アナログの昔なら、ミラーアップと、シャッターとのタイミングのズレが原因のことがほとんど。スプリングが駄目になったりしていることが多く、修理に出したら直ってくる。
 でも、こんな知識を知っていても今は何の役にも立たない。近所の大手カメラ店に持っていったら、店員は、おそらく心臓部のセンサーを替えるから、数万円かかるだろうという。今は壊れたら直すというより、そんぐりユニット交換するのがほとんど。
 さて、このサブ機、型落ち品を買ったので、もともと全然高くなかった。どこまで出して直すかを見積書が送られてくるまでに考えないといけないことになった。
 店員に「あまり使っていないのに……。」と洩らしたら、「車と同じで、どんどん使ってあげるほうが傷まないのですよ。」と言われ、実にごもっともと納得した。
 廃棄だと、暗いところがダメダメな中級一眼レフ、それに、もうだいぶ古びてきて不満の多いコンパクト機の二台体勢となる。それだと、ちょっと写欲は落ちそうである。
 かといって、今のカメラ界の流れの中で、再度、普及型APSサイズ一眼レフを買う意味はあるのかと考えると、どうなんだろうということになって、現在、お悩み中。

(追記)
 絞り制御基盤不良ということで、心臓部交換という訳ではなかった。修理代はそれなりにお高いが、買い換えよりはましということで、修理依頼することに。(2016.9.17)
[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/25979523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2016-09-04 21:13 | カメラ・ペンタックス・リコー | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31