セルを聴いていると

 ジョージ・セル~クリーブランドが嗜好に合うというのを再発見して以来、彼のものを買い足している。万博で来日しクラシック・ファンを唸らせた話は有名だが、その際、東京でライブ録音していたのがCDになっているのを知り、まずそれを買った。
 万博に向けて航空網が整備され、有名フィルが来日できる環境となり、クリーブランドはその嚆矢だったというのは、クラシック好きには有名な話。今回ライナーを読んだら、ブーレーズとともに来ていて、かつ指揮を分け合っていたらしい。大阪にはカラヤン一行が来ていて二人は挨拶しあったとか。セルだけでなく、この時、日本に入れ替わり立ち替わり来ていたようである。当方、万博のころはまだ子供。そんなの知らなかった。
 東京公演まるまる録音で、モーツアルトの四十番は、優美というのとは違う楷書の演奏だが、クールな熱気もちゃんとあるといった、彼らしい演奏。シベリウスの二番というのは、この作曲家の中ではもっとも有名な曲だそうだが、しっかり聴いたのは初めて。録音はされなかったが、他日演奏のベートーベン「英雄」も出色だったという。
 他にドボルザークの八番、グリーグ「ペールギュント」などを、今、一枚一枚買って聴いている。ほとんどが六十年代録音だが、リマスターによって音が調整されて、音質的な不満はほとんどない。

 いろいろ聞いていて、セルの演奏自体もだが、CBS(現ソニークラシカル)の録音が、私には馴染むというところもあるのかもと思えてきた。グラモフォン(GF)がクラシックの王道録音なら、CBSはジャズの録音に通じるものがあって、もともとジャズが本業(?)の私の嗜好に合う。全体の音の響きを重視するGFに対して、個々の楽器の音を重視するCBSという感じである。
 クラシックの楽しみである、指揮者の違い、オケの違いを楽しむというのとは別に、そうした違いの発見もあって、なにかと面白い。
 現在、職場のお隣の方がクラシック通の人で、色々教えてもらい、ワーグナーやらブルックナーやら、これまで馴染みのない方面のお勉強中。
[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26034786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2016-09-28 22:12 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31