技術力

 燃費偽装問題を何度も起こし、結局、日産傘下に入った三菱自動車工業。今日のニュースで、日産の外人社長が三菱の社長も兼任するという。ランサー、パジェロなど人気車種も多かったのに、今は売れ筋がなく販売台数は目を覆わんばかり。買っているのは三菱グループ関連の人だけでは?という皮肉も聞こえてくる有様。

 先に、三菱重工業は客船製造事業から手を引くことを発表した。今後は貨物などに注力するという。豪華客船造船中、何度も火災を起こして納期が遅れ、莫大な補償金を請求されている上に、現場は、素人や外国人が入り乱れての作業で、危険度が増し、労働環境・安全環境が悪化しているという。作って五年の貨物船が沈み、積荷の損害も含め賠償金を請求されているという記事もあった。

 三菱飛行機(MRJ)は国産小型飛行機を開発中。しかし、何度も試行フライトが延期になったりして、海外のライバル会社に先を越されてしまったのは周知の事実。先だっては試行フライト中、空調の不調で引き返したというニュースが出ていた。受注は維持しているようだが、もたもたしている感は否めない。ちゃんと生産にこぎ着けて商売になるのかしらん。
 実は今日気がついたから書いているのだが、三つとも三菱。グループ企業として大丈夫なのかと心配。
 しかし、それ以上に、これは、技術立国が看板のはずの日本の技術力が著しく低下してきているということである。一度、低下すると元に戻すのは大変である。

 いくつのかの競技をどこでやるかさえ決まっておらず、今、もめているオリンピック。決まるのが遅くなっても、さっさと工事は出来て納期に間に合うという算段なのかしら。四年なんてあっという間だけど……。
 ギリギリで仕事をすると、何らかのトラブルがあった途端、間に合わなくなるよ、仕事は早めにね、というのが鉄則ですよねえ。私も定期テスト前、生徒に言っている。

[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26082497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2016-10-19 21:15 | 教育・世相 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31