色々複雑に


 銀行へ行ってきた方が、ぼやき気味に帰ってきた。数十人にお釣りを渡す仕事があり、両替しにいったという。今や両替だけしに行くと手数料がかかるのは周知のことで、彼は通帳からおろして、札割で小銭を入手しようとしたそうである。しかし、それも五十一枚目からは有料とのことで、結局、出し惜しんで、硬貨五十枚のみ入手して帰ってきたそうな。
 自動の両替機がおいてあるところもあるが、有料なのは同じ。この銀行はそれもなかったという。最近、両替業務は手数料収入を得る手段という立場がはっきりしている。そういえば、スーパーのレジでも最近は両替は不可という張り紙が貼ってあるところがほどんど。スーパーでなんとかしようとした人が大量にいたのだろう。最初から両替は金がかかると覚悟した方がよい世の中のようである。

 最近は、銀行によって、サービスの内容が色々違ってきている。ある銀行に行くと、自分のところへの定期預金などは利息が期待できない賢くないやり方だと言って引っ込めて、生命保険など他会社と連動した「リスク商品」を大プッシュしてきたりする。
 国民は、銀行は利息をもらえるところというイメージから、利用すれば利用するほどお金を取られる、お金を商品にして稼いでいる民間業というイメージに、ここのところ変わってきている。一時期、バブル崩壊で潰れたところも多かったこともあって、何人かの人に聞いても、銀行への信頼度は昔に較べかなりダウンしている。あの銀行は安泰だけども商売気が強くて気に入らないとか、あそこはサービスがねえとか、なかなか利用者は口さがない。

 事務簡略化ができるため、ネット系の利用は料金が直接出向くよりも割安のことが多い。そちらに誘導したいための料金格差なのだろうが、ネットを信用していない年寄りは、それも不満の種のようである。賢い金融機関の使い方などという特集があちこちの雑誌でなされているのもよく判る。普通に使っていては損をするので自己防衛が必要な世の中なのである。このことは、旅行費やホテル代関係なども同様。まともに予約するのと、ネットなどで色々探して割引を受けるのでは倍ほど違ったりする。
 何々はネットに出ている何々サービスを使ったらえらく安く済むよとか、そんなのをいちいち各方面で覚えなければならず、それを楽しいと思える人はよいが、面倒臭く思う人にとってはなかなかせち辛い世の中である。

 今、あなたの年齢だったら鉄道料金はJRの何とかというのに入っておくとお得だよというのを教えてもらっていて、確かにお得だということは判っているが、必要に迫らないので、そのまんま。

[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26125939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2016-11-04 22:47 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31