今年の総括

 まず、オーディオでは、初代の容量が一杯になり、二月、ウオークマン二代目を買ったこと。音質・容量など機能は五年前に較べて良くなっていた。現在、二台体制で、ポータブルアンプに繋いでモバイル音楽を楽しんでいる。重くなるし、ヘッドホンが同じソニー製で能率が高いタイプなので、音量的にはアンプはいらないといえばいらないのだが、音の角がとれて長時間聞いていられるのが、実は大事だったりする。
 懸案だったプリメインアンプを買ったのが一番のトピック。堅かった音から優しい音になり、クラシックが聴きやすくなった。冷却に神経を使わなければならないは冬もあまり変わらないようで、今もファンは回し続けている。
 仕事場の隣人がクラシック通の人に変わったので、色々、話をしながらクラシックの知識を深めたのが今年の変化。全集ボックスものをいくつも買って、でも、結局、人気曲やこれまでのお気に入り曲が一番いいやと、まとまったものを買った割には嗜好が広がらないのも、まあ、そんなものといえばそんなもの。クラシックCDの枚数はぐっと増えたが、聴くのに追われるという事態もあって、休みの日はたまったCDをだら流しに聴いていくという過ごし方となった上に、HDにたまったビデオもまとめ視聴して、それだけで一日が終わる。

 今年の大河ドラマ「真田丸」は楽しんだ。この前の回では、真田幸村(堺雅人)と最後まで身近にいたきり(長澤まさみ)とのしっとりシーンがあって、本当にNHK大河でしっかりキスしていたので、「へえ」とビックリした途端、きりがキスしながらしゃべり続けるという大笑いの展開となった。こん要素をふんだんに入れこんでの、実に愉しいエンターテインメント、今時のドラマ作法としてとして、よくできていた。台本の三谷幸喜は、ますます評価を上げたのではないかしら。

 今日新聞に載っていた「墓碑銘」記事を通覧。特に記事として触れなかった人で、ああ、この人もという人を以下列記したい。
 文学畑では、津島佑子、高井有一、さかのぼって読んだ覚えがある「流れる星は生きている」の藤原てい。特に高井は内向の世代としていい作品を書いた。
 ラジオでは、「秋山ちえ子の談話室」の秋山ちえ子やベストセラー「頭の体操」のラジオ版を長年やっていた多湖輝。アニメでは、独特の低音で子供の頃からお馴染みだった大平透、我々にはイヤミの声で親しい声優の方。漫画では「ワイルド7」の望月三起也。バイク好きは格好良くてみんな好きだった。実写にもなった。愚妻は連載中から見ていて、単行本も買った「秘密探偵JA」が好きだったとのこと。愚妻は貸本屋さんで少年漫画も結構読んでいたらしい。
 音楽では、ブーレーズやアーノンクールがクラシック畑で。
 ジャズでは、つい先日知ったのだが、録音エンジニアのルディ・バン・ゲルダー。享年九十一。ブルーノート録音で有名だが、インパルス、ヴァーヴ、CTIレーベルでの仕事が私にはなじみ深い。ジャズの音を決めた人であると言え、ジャズの偉大な影のレジェンドである。ピアノ録音が下手糞なのがご愛敬。今、クリード・テーラーのほうを検索したが、ルディより五歳年下で存命であった。

 昨日は我が家の、今日は実家の掃除と、いつもの動き。若い頃に較べ、出来る範囲での掃除。
 よいお年を。 
[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/26286588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2016-12-31 08:12 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31