人気ブログランキング |

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きし、日々の生活をつづります。時に日付をさかのぼってアップするので戻ってみてください。http://tanabe.easy-magic.com/


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

まとまった雪

 前日、終日雪が降って、帰りの職場の駐車場では車の雪下ろしをしてから帰宅。夜も降り続き、朝、車の屋根には新規に二十五センチほどつもっていた、合計するとそれなりの積雪に。スイフトは雪に強くないので、さっさと車通勤はあきらめ、徒歩で。こんなことは年に数回ある。
 道すがら、私と同じ旧々型スイフトが、おそらく自分の職場の駐車場に入れず半分道をふさいでいる。オーナーはなにやらタイヤをごそごそやっていた。少し歩くと、今度は旧型スイフトが完全に道をふさいでエンコしている。 いやあ、動かさなくてよかった。それにしても、この車、弱いなあ。
 横を軽自動車が轍をぴょんぴょんしながらも元気に通り過ぎていく。しばらく歩くと、イカツイSUVが自宅の駐車場から出れずに、前輪を空回りさせている。野山へっちゃらみたいな見た目のSUVがエンコしているのはカッコ悪い。なんであんな見た目なのに二輪駆動なんでしょうかね。購入資金ケチりました? という気持ちがチラリと湧く。
 愚妻の軽は、後輪電動型の簡易型ながら、一応パートタイム四輪駆動なので、問題なかったよう。愚妻は、年に数回のこういう日のために車は絶対四駆という派。軽の四駆は町レベルでは雪に強いというのは雪国では有名な話。
 職場にはお若い女性でイカツくて巨大な四駆SUVに乗っている男前な方がいるが、理由は、雪でバタバタするのが大嫌いという愚妻と同じ理由。
 
 雪を踏み固めて一本道になっている歩道を歩いていると、子供の頃長靴履いてサクサクと雪を踏みしめ歩いている自分の目線からの景色を思い出して懐かしい気持ちがする。あれから何十年と雪道を歩いているが、おそらく子供目線は雪の表面がえらく近いので、頑固な障害物に見えるから印象的だったのだろう。それに、今も昔も雪は「非日常」で、子供はワクワクものだ。
 職場にたどり着くと、休校という。ラジオをつけるとあちこちの学校が休校というニュース。
 子供はこなくても大人には仕事がある。それをこなして、早めに帰宅する。

トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/29113954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NostalgiaCoffee at 2018-01-14 18:03
お久しぶりです。ネットで『かなざわ積雪情報』とか見ていますが、50センチ以上あるのですね。わたしも四駆に乗っていいたことがありますが、東京で積雪があった日曜日、自宅から新宿まで20分という記録があります。それほど皆さんお家にいる・・・学校が休校になったとありましたが、昔は一晩で30センチ降ろうが、絶対そんなことはなかったですよね?
Commented by hiyorigeta at 2018-01-17 19:59
お久しぶりです。いつもブログ楽しく読んでおります。正月もこちらに帰られていたとか。こちらは45センチ積もりました。最近ではまとまって降った部類です。ご指摘の件、小学校は校区が小さいのでまず休校というのはありませんでしたし、今も小学校はそういう傾向です。ただ、高校ということになると、今石川県は全県一区の区割りになりましたので、公共交通手段で遠くからやってくる子が多く、休校にせざるをえなくなるのです。バスに乱れが出ると、遅刻も遅刻にしないという温情主義も浸透し、そのせいで、雪が積もったら早く動くという常識も崩れつつあります。バスが遅れたのだから、遅れて当然という感覚の子も多く混ざるようになりました。文章ばかりのブログに数年前から変化しておりますが、引き続きご笑覧ください。
by hiyorigeta | 2018-01-12 23:40 | 日々の生活・雑感 | Trackback | Comments(2)