購入コンポの感想

 「価格コム」サイトのレビューもどき。
 この機種(ONKYO製X-NFR7TX(D))の一番の欠点は、買う前から気がついていました。レシーバーの奥行きがあって、機器を載せてあるカラーボックスからはみ出してしまうこと。コードもつなげないといけないので、壁後ろも少し空けねばならず、ボディが出っ張った感じになるのがみっともない。昔ながらの、電子部品を基板に並べるディスクリートタイプなので、仕方ないのかもしれませんが、おそらく、今回比べた他製品の中で断トツの長さです(足自体はカラーボックスの板ギリギリに収まるのでなんとかなる)。
 他に、スピーカーターミナルが安手のプッシュはめ込み式で、細いケーブルしか使えない、前面にボタンが沢山ある部類の機種にも関わらず、一部機能はリモコンだよりで不安。多機能はよいが、セレクトスイッチで、それを選ぶまでに時間がかかる、操作をしてから稼働するまでタイムラグが結構ある、そもそも、デザイン的に古さを感じる、あちこちにコストダウンの跡が見られる、などなど。
 出てくる音は、普及価格帯ミニコンポクラス以外の何物でもない音で、少々つまった感じの音。CDの聞き比べをすると、前使っていたものに比べ落ちるようです。それに対して、パソコン経由のUSBメモリを刺しての音は、鮮度がよく、ウォークマンからの無線飛ばしのほうも、思っていたほど劣化がなく、小音量利用として問題のない部類。音自体よりも、マルチなメディアで遊べる楽しさがこの機種のよさ。お金をかけなくても色々楽しめるよい時代になりました。コストパフォーマンスに優れていて、商品比較サイドを観ても売れ筋商品のようです。
 あとは耐久性です。コストダウンで強度などにかなり不安があります。まあ、何事もなく使えたとして、前回は十五年で買い替えたので、次の買い替えは七十半ば。次がやってくるのか、寿命との競争で微妙なところです。

 ところで、今回のチョイスで思ったこと。
 年寄りで私と同じような条件を考えている人はそれなりにいるはず。若者は、スマホ出発のシステムかPCオーディオです。そもそもミニコンポや単体ものは視野に入れていません(実際、ある大手ネット通販サイトの、この機種の購買年齢層の分布を見ると、全員、四十歳代以上でした)。「今時もの」をどんどん付加させても、購入層は限られると思います。年寄りが手持ちのソフトのコレクションを生かせる、年寄りの生活にやさしい製品というコンセプトで、でも、「年寄り向け」は前面に出さないものが出来たら、それなりに需要があると思いますし、少々お高くても、年寄りはお金があるので買うと思うのですが、如何でしょう?(年寄りは、いつも、これが「最後の購入かも」と思って物を買う。)
 音響メーカーさん。先日、パイオニアから、USB端子を付けない昔ながらのCD再生に特化した高級CDプレーヤーなんてものが発売され、それなりに人気を博しているようです。こうした、ちゃんと年寄りの好尚に合わせた流れもあるようですし。

[PR]
トラックバックURL : https://hiyorigeta.exblog.jp/tb/29389175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiyorigeta | 2018-03-23 05:34 | 音楽・ジャズ・オーディオ | Trackback | Comments(0)

荷風散人宜しく金沢をぶらぶら歩きしたり日々の生活をつぶやいています。文字ばかりですがご容赦下さい。時々日付をさかのぼってアップしたりします。http://tanabe.easy-magic.com


by hiyorigeta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31